ビックリの連続

昨日はビックリの連続でした

まず、meimeiを心配した友達がホテルまで会いに来てくれたのです(;_;)こんな僻地まで…何て有難い…

ロビーのデスクで結構長時間喋ってました。誰も日本語わからないって有難いな

本当に有難うございましたm(__)mお陰でかなり楽になりました

そしてピヨ彦。彼の事だからmeimeiに無視されても気にもしてないだろうと思ってたのですが、、、、ドッコイ、彼は非常にショックだったらしくかなりナイーブになってました

コメントで色んな方々にアドバイスされた事もあり、プラスそんな彼を見て「自分も甘い部分があったし、大人気無い事をした」と思い、バックオフィスで2人になった時に「昨日はごめん」って謝りました。他のスタッフが入ってきたのでそれ以上話はしなかったんですが…男の人に謝ったの産まれて初めてです

先日ピヨが夜食に関する電話をしてきた件ですが、皆てっきり夜食に行ったのかと思ったら、残業が長すぎてキャンセルになってたそうです
でも、ピヨが「meimeiが待ってるから」って言って何人かのスタッフに声をかけてくれてたそうです。なのにmeimeiが臍曲げてぶっきらぼうに「行かない」って言ったのでね

今度はピヨが殻に閉じこもってしまいました

昨夜は先日の振り替えでジョージも呼んでスタッフと火鍋に行ったんですが、ジョージとピヨがmeimeiを残して先に店を出てました。今まで絶対にmeimeiを誘ってくれてたのに、一日中無視された事が堪えたのか、ほって行かれました。一人残されたmeimeiに皆かなり困惑してました

「一人で帰れるしいいや。けっ」って思ったんですが、ピヨがいなくなった瞬間突然心細くなって自分でも意味がわからないんですが、凄く怖くなって居た堪れない気持ちになり、
「私帰る!!」って言ってお金置いて店を飛び出しました。先輩が「やっぱりピヨが帰ったから…」って言ってるのも聞こえたし、皆が驚いてるのもわかったし、マーティンが「送る」って言ってくれてたんですが何もかもどうでも良くなって、小走りに店を出ました

で、ピヨに電話してカラオケに合流しちゃいました

えぇ、meimeiったらチョット恥かしいです。自分でもビックリ。こんな行動取ってしまった自分にビックリ

電話した時はピヨは運転中だったんでジョージに「皆広東語で喋ってて私一人ぼっちだよ!!だから、そっちに行って良い?」って言ったんですが、どっちに行っても皆広東語で喋ってるし…ね…電話越しにジョージがビビッてる事も伝わってきたんですが、もう頭に血が昇ってしまってたんでね

合流してから「私、マーティンと帰りたくなかったの!」とジョージに泣きつき(マーティン…何の罪も無いのに)、いい歳して駄々っ子でした。酔ってたわけじゃありません

合流先はジョージの友達でピヨも初対面だったんですが、皆突然付いて来た日本人のmeimeiにも優しかったです(ウチのスタッフより上品だ)。結局は皆こないだと同じ様にゲームしてたんで相変わらずmeimeiは暇だったけど、こないだみたいに嫌な気持ちには全然なりませんでした

ずっとピヨの横でピヨがゲームしてるの見ながら、誰かのグラスが空になればビールを注いだりしながら過ごしました。それでも何故だか満足です←有得ない

ジョージといる時のピヨはリラックスしてて好きなんですが、フィオナちゃんといる時のピヨはね…何かね…何か嫌…

やきもちでしょうか?でも、もしピヨがフィオナちゃんと付き合って幸せならそれで祝福出来るんです。何なんでしょう、この気持ちは?やきもち…とも何か違う…ピヨが幸せなら良いと思うんですが…何か違う

本当ならライバル出現時点で凄い速度で手を打ちますから。なのに、それもしない。他の女と付き合われて祝福なんか死んでも出来ないっていうか殺す!ぐらいの勢いがあるのが当然なのに、そんな気持ちはない

いい歳して自分の気持ちもわかりませんが、昨日とっさに店を飛び出て合流して良かったと思いました。チョット仲直り出来たのだし

こないだ感じた嫌な思いはこれから海外で暮らす以上は避けれない。だからピヨに八つ当たりしたり甘えずに自分で乗り越えなきゃ

ピヨが行ってしまった時にビックリするぐらい突然「私、今本当に一人だ!」って孤独感に襲われて全てが怖くなりました。結局、何だかんだ言いながらmeimeiはピヨに色々守られてるんだと実感しました。考えたら今までピヨが側にいないって事がなかった

キノコちゃんが「ただでさえ孤立してるのにピヨさえいなくなったらどうするんだろう?」って凄く心配だったそうです

本当にそうだと思いました

結局自分が出来ない事をピヨにカバーさせようとして、それをが充分じゃなかったから落ち込んで無視をして…自分も大人気なかったと

自分で選んで此処に来たのだから、努力しないといけないのは自分なのに、彼等の習慣を受け入れる努力をしないといけないのも自分なのに…日本人が香港人を理解出来ない様に、香港人だって日本人を簡単に理解なんて出来ない

これからはもっとハッキリ言っちゃいます。誰が何と言おうと今自分を支えてくれてるのはピヨだと心の底からわかったのだし、此処で生きる為に必要な友達なんだから平気です。噂するなりからかうなりすれば良いさ。後先考えずに店を飛び出して良かったと思う。自分が大切だと思う物を誰が何と言おうと自分が守るんです

でもね、フィオナちゃんとはヤッパリ会いたくないなぁ…

人気ブログらんきんぐへ
[PR]
by mei_mei_king | 2006-12-01 04:42 | 雑記
<< ハムサップ小姐 あぁ、もう、、、 >>