カニカマとボンボンと誕生日会

今日はモニの誕生日会をやりました。クラブラウンジで、、、営業中に、、、、

ハート型のソープとルームフレグランスを購入し、それを渡したんですが、

「何、、、コレ?」と言われ、さっきも電話で使い方を説明しろと言われました

そんな事はさておき、最近許せない奴がいます。それは、

カニカマ

カニカマとは、色や形・食感をカニの身に似せたかまぼこ(魚肉練り製品)のこと。かに風味かまぼこともいう。(wikipedia参照)

そう…カニカマが此処香港で猛威を奮っている事に気付いたのは、スタッフと火鍋に行った時でした。当り前の様に鍋の具材として居座るその姿…

「お前は煮込まんでも食べれるやろ!」

と心の中で突っ込み入れつつも絶対に食べないでおこうとしていたのに、気付いたらmeimeiのお椀にカニカマが多数投入されていて非常に不快な思いをしました

その後もシーフードカレーを頼んだら、またも当り前の様に奴は「えぇ、私は海鮮です」という顔をして居座り、炒飯を頼んだ時も蝦やイカに混ざって、さも「私は天然」とでも言いたそうな顔で居座っていました。何処に行っても奴がいる

そう…その姿はバリバリ整形で豊胸なのに「私は天然美人」かの様な顔で合コンに参加し、ぺチャパイの女の子を見つけたら思い切り笑い者にする嫌な女の代名詞の様です

中国では日本から技術導入した工場が現地製造している。「人造蟹柳 レンザオシエリュウ rénzào xièliǔ」などと呼ばれるが、鍋料理など、各種の中華料理に加工されて普及してきているので、「蟹柳」と書かれている料理を注文する際には、本物のカニ肉を使ったものかどうか確認が必要となっている。(またもwikipedia参照)

別にね、嫌いじゃなかったんですよ。日本にいた時は冷麺の上で恥ずかしげに横たわる姿や、サラダ巻きの中で蝦や胡瓜と折り合い良さそうに佇む姿は、「美人とはいえないけど愛嬌があって可愛いね」って感じで、むしろ「結婚するならこういうタイプかもな」って思わせてくれていたのに、、、

此処香港ではスッゴイ嫌な奴です。鍋の中でクタクタに煮込まれる奴の姿、並居る海鮮と共に当り前の様に居座る姿、、、全てがMUKATSUKU、、、

何故香港でこんなに人気なのか、誰か理由を説明して下さい

さて、さっきテレビつけたら日本のドラマの再放送やってました。一度見ただけでストーリーが把握出来ましたよ

ボンボンと貧乏女性のシンデレラストーリーね

最初はお互いいがみ合いつつ惹かれあう→彼女の実家(勤務先)が彼の会社に買収されそうになる→彼頑張る→その頃彼の会社は潰れかけ。政略結婚させられそうになる→「それでも彼女が好きだ。俺は家を出る」みたいな話になって2人は盛り上がる→何だかんだ言いながら皆に祝福されて目出度し×2

本当に、皆こういう話好きよね

でも、どうですか?実際ボンボンの彼が何もかも捨てて自分の所にきたらどうします?絶対困りますよ。だって、ボンボンやもん

「本当はフランクミューラーが欲しいけど、僕達は節約しないといけないからロレックスにしたよ☆」って笑顔で言われたり、「今日は僕が夕飯の買出しに行くよ」って言ったと思ったらラ○フではなく、高級スーパーに行って高級食材買いあさったりしますよ。家計を圧迫しますよ。歩いて行ける距離でタクシー使いますよ。駐車場代払う金も無いのに燃費のかかる外車買ってきたりしますよ。クーラー付けっぱなしにしますよ。発泡酒なんか不味くて飲めないとか言いますよ

しかも、相手は悪気が無いから性質が悪いですよ

だから、こういうシンデレラストーリーは無理ですよ。ボンボンはボンボンなんです。余程の貧乏マニアでも無い限り、染み付いた金銭感覚は治せないのです

ボンボンだった彼が、貧乏になった時、、、、辛いと思いますよ

って、誰を説得してるんだ俺は?

先日はバレンタインだったので、今日職場に行ったら普段は息を潜めてるmeimeiファンが、棚に小切手とか現金とか貴金属がワッサリ入れてると核心してたんですが、空っぽでした

ま、、、、meimeiのファンズはシャイボーイズだから仕方無いよね

きっと、今頃渡しそびれたプレゼントを前に膝を抱えて電気もつけないまま部屋で啜り泣きしてる事でしょう。渡しそびれた花束毟って咽び泣いてるでしょう。

さぁ!!普段は隠れキリシタン並に隠れてるmeimeiのファン達よ!!恥ずかしがらずにプレゼントを渡しておくれ!!匿名歓迎!!

今朝、バスルームライトの中で8cmはあろうかという大物ゴキが死亡してました。一応退治してもらい、ペストコントロールもしたのに、部屋に帰ったら今度は4cm程度のゴキが2匹いました

どうなってんだ、、、、、


人気ブログらんきんぐへ
[PR]
by mei_mei_king | 2007-02-15 20:36 | 香港
<< やってもぉた お家見学 >>