meimeiったら

最近、ルームサービスの彼が気になります。名前も知りませんが、彼がクラブラウンジに食料やら何やら持って来たり、翌日の朝食のセッティングしに来るたびに、当り前ですが凝視してます

色白、切れ長目、手足長い柳腰というmeimeiに愛されるための三種の神器をきっちり兼ね備えている彼…見ずにはいられない。視姦せずにはいられない

今日クラブラウンジのパントリーでmeimeiがジュースの補充してたら(ウチのGROってこんな事もやるんですよ…)、彼が明日の朝食の準備の為にやってきました。

で、

「僕、今から朝食のセッティングする為に台車で色々運ぶから、何か運ぶ必要がある物があれば手伝うよ」

って言ってきたんです

が、

突然喋りかけられたので、言葉よりも顔を凝視する事に集中してしまい、5回ぐらい「えっ?なんて?」って聞き返しました

挙句の果てに、四捨五入して30歳になるくせに何をそんなに照れたのか、何を答えて良いかわからずに

「わかんないから先輩に聞いて!」

と訳のわからん返しをしてしまいました。普通に、グラス運んでもらえば良いだけだったのに…

meimeiったら…乙女なんだから。自分では乙女とか言っちゃってますが、多分彼には「キモッ」って思われたでしょうよ

香港に来てから10ヶ月…ときめく様な事もとっくに忘れ、正しい日本語の敬語も忘れ、体系は中年の様になり、心はオバハンの様になってしまい、肌もスッカリ荒れ果てましたが

チョットは少女の気持ちも残っていたようです

ま、本体が老けていくにもかかわらず、少女の心がチラ見っていうのは結構キモイと思いますけどね

思えば香港に来て10ヶ月…ピヨ彦の事を最初は「ビューティ」だの「超綺麗」だの病的な事を言って絶賛したり(きっと病んでたんだな。今は違うと気付いてますから大丈夫です)、余興で女装してる人に一目惚れしたりと、親に聞かれたら勘当されかね無い様な状態だったアタクシ

日本から持ってきたスーツが入らなくなったアタクシ…

来た当時はゲストに口説かれたのに、最近は一切誰にも口説かれ無くなったアタクシ…

飲みに行く体力も無くなったアタクシ…

良いんです。それで良いんです。此処は香港だから、それで良いのです。来た時より2倍になったとか普通に評価されてますけど、今は香港にいれるからそれで良いのです。(日本でこの体系で生きていくなら死んだ方が良い)

そんな大好きな香港ですが、もうすぐお別れです。どうしたものか…

明日はマカオに行ってきます。ポルトガル料理食べます

人気ブログらんきんぐへ
[PR]
by mei_mei_king | 2007-05-15 03:07 | 職場の人たち
<< マカオ再上陸 疲労が。。。 >>