モニ来る

仕事中に、業務用携帯に電話がかかってきました

そう、、、、今では最早伝説になってしまった「meimeiを守る会」の最初で最後の会長である、モニからでした

モ「meimei~お前がいなくて寂しいのだよ。毎日泣き暮らしているのだよ」
m「はいはい。近々飲みに行きましょうね」
モ「モニちゃんは今ホテルにいます。部屋番号はイチ・イチ・ゴォ・サン~♪」←突然日本語
m「はっ?」
モ「でな、メイク落としと洗顔と化粧水と乳液とコンタクトの洗浄液貸しておくれ」
m「。。。。。。。なんで泊まりにきたのに何も持ってないんですか。。。。。。」

とりあえず、仕事を抜け出して(暇満開だったので)モニの部屋に遊びに行く事に

部屋に行ったら彼女はカップ麺すすってました

何故彼女がウチのホテルの客室にいたかと言いますと…

先日は明け方まで飲みまくってたそうです。で、飲んだら誰かに絡みたい気分になる時があるらしく、先日はピヨがイブニングシフトだった事を思い出し、わざわざピヨをおちょくる為にタクシー飛ばして駆けつけたそうです(朝7時頃らしい)。

で、「お前に会う為にタクシー飛ばして此処まで来てやったんだから、俺に部屋を用意しろ!!それも良い部屋用意しないとKO・RO・SU!!」ってピヨに絡んで部屋(それもクラブフロアの…)をゲットし、昼過ぎまで寝てたそうです

m「わざわざピヨに会う為だけにタクシー飛ばしてこんな僻地まで…」
モ「いやぁ~何かもうクレージーモードに突入してたんでねぇ。あはは」
m「そういえば、私も最近ピヨの顔見てないわ。元気でした?」
モ「さぁ?覚えてないなぁ」
m「へっ?ピヨに会いに来たんですよね?」
モ「部屋貰っただけで喋ってないんよねぇ。あの時は無我夢中やったからなぁ」
m「。。。。。無我夢中って。。。。。」
モ「トイレ行きたかったんよ」
m「。。。。。。」

その後、彼女がバリ旅行で撮影した500枚もの写真を一時間に渡って見せられました。それも、一枚一枚にコメントをしなくてはならないという…なかなかハードな一時間でした

ちなみに、一時間半ぐらい仕事場から姿を消していたにもかかわらず、誰も気付いてませんでした。

相変わらず彼女が元気である事がわかって良かったです

人気ブログらんきんぐへ
[PR]
by mei_mei_king | 2007-07-09 01:48 | 雑記
<< 本当に? 一寸先は、、、、、 >>