フィアンセ登場もむなしく

今日は人事部との話合いでした…

☆15時 話し合いスタート。この時点で人事部は移民局に何度か電話してビザに関する確認をしようとしていたそうだが、電話が全く繋がらずビザが取れたか取れて無かったかは不明の状態

何度も「俺はシンセンに行く。俺を追うな」と言うmeimeiを必死のパッチで説得にあたる彼ら。そうこうしてる間に一時間経過

☆16時 ついに耐え切れなくなったmeimei。最終兵器の架空フィアンセを投入(昨夜、一晩かけて大家さんと架空フィアンセのプロフィールを作成し、meimeiはそれを暗記した)。
「俺はエブリデイ・エブリナイト、アイツに会いたい。アイツがいない香港なんて意味プーなんだ。俺とアイツを引き離す事など不可能なのさ」と熱弁を奮ってみる
一時、ビザの事よりも架空フィアンセの事に皆の興味がうつる
架空フィアンセに此処まで熱くなれる自分って、女優になるべきなんじゃないかと思う

☆16時半 移民局とやっと連絡が取れる。そして、、、、、、meimeiの就労ビザが許可された事が確認されました

。。。。。。。えぇぇぇ。。。。。。。

そして、人事部の巻き返し説得が始まる

*人事部の主張*
・香港でビザが発行されてるのにシンセンでビザの申請をしても許可されない可能性が高い(本当かしら…)
・今後、香港で働く際に、今回ビザが発行されたにもかかわらず仕事をしなかったという事はレコードとして残り悪印象を与えるので、将来的な事を考えたら香港に残るべき(悪い履歴があれば勿論)
・2.3ヶ月働いてからシンセンに行けばえぇんやない?

だってさ、、、、

meimeiの気持ちはシンセンがガッチリ掴んでますの。「まだまだ不安定で荒削りで喧嘩っ早いけど、なんと言ってもエネルギッシュな若さが魅力な彼の胸に飛び込んでみたいの。これからの彼の成長を身近で見たいわん」って感じでしょうか…

思えば一年半ほど前…香港に行きたかったmeimeiに、派遣会社を通じてシンセンのホテルがオファーをくれました。シンセンなんて行った事も無いし怖いので嫌だなって思いもしたけど、段々どんな所か行ってみたくなり、そしてmeimeiと交渉を続けるスタッフ達の対応の良さにも安心し、「シンセンに行こう」と決意した矢先に派遣会社のせいで話がつぶれてしまい、香港のUNNKOホテルで一年間監禁生活を送る事になったのでした

そして現在に至る…

シンセンに行くと2度決意したにもかかわらず、2回とも同じオチ…

大家さんに、「もしかしたら…シンセンとは縁が薄いんかもな」って呟かれました…

スッゴイ…スッゴイ…スッゴイ…嫌です

シンセンに行きたい気持ちの方が明らかに強い。これから多分延々と今回の事でぼやき続ける事でしょうよ。でもね、もし今シンセンに行ってビザが取れなかったら…

洒落になんない

どうしてもこうしても、UNNKOちゃんホテルから逃げる事が出来ないみたいです。呪いか?

すっげぇ嫌だ。嫌で嫌で嫌過ぎるので、仕事しながらまた就職活動しようと思ってます

しかしながら…架空フィアンセのせいでmeimeiは

「あの子って恋すると周りが見えなくなるのね。案外恋に生きる女なのね」って思われてしまったに違いない

しかも、「彼とは平日ウェブカメラで話をすればいいじゃない」とか「彼が休みの日は彼が香港に来て、貴方が休みの時は貴方がシンセンに行けば大丈夫よ。彼が貴方を愛してるなら絶対理解してくれる」とか「貴方は彼の愛を信じる事が出来る?」とか「これは愛を試すチャンスかもしれない」とか色々言われました

そんなにアドバイスされても…架空フィアンセなんで…

段々切なくなってきた。俺の本当のフィアンセは何処へ?

人気ブログらんきんぐへ
[PR]
by mei_mei_king | 2007-08-22 06:40 | 仕事
<< 気が重い フィアンセを作れ!! >>