怒涛のようについてない休日

今日は大変な目に遭いました。まぁ…無事生きて帰れたから良かったけど…

キノコちゃんとにシンセンで鍋食べてマッサしてってここまでは良かったんですけどね…

いつも通り羅湖から帰ろうとしたら「落馬州から帰った方が絶対に良い!!」とキノコちゃんがやたらしつこく勧めてきました。綺麗だしイミグレもスムーズだし確実にそっちの方が良いと…

その意見を信じて地下鉄4号線の終点のHUANG GANG駅まで行き、彼女に教えられたように進んだんですが、イミグレに進むエスカレーターが止まっている。しかも、其処へ行こうとしている人間はmeimei一人。無理やり進もうとしたら、ガードマンらしきオッサンに止められる…

時すでに23時前、、、、もしかしてクローズか?

あまりの人の少なさ(meimeiしかいない)に本気でヤバイと思い、彼女に電話したら「そんなはずない」とのたまう(何を根拠に?)。しかし、彼女の根拠の無い話を聞いても埒が明かないのでダッシュで羅湖に戻りました。怖すぎるわ。羅湖までクローズされたら香港に帰れないし。そして、上水からmeimeiの僻地ホテルまで出てる最終バスも無くなる………

ってゆーか彼女ったら、その辺歩いてたら福田口岸のイミグレに着くと思うからバスで国境越えれるとか妖精的な事言い出すんですよ。そんな事適当に言うけど、良く話し聞いたら彼女って福田口岸の車で超える方の国境には行った事無いんですよ。根拠の無いアドバイスは駄目よ

だいたい、いつも「シンセンは治安が悪いから一人で歩けない。meimeiも運が良いだけでこれから危ない目に遭うかもしらんから気をつけなアカンで」って説教してくるのに、普通話喋れないmeimeiをこんな状態にするって…しかも悪気無しって…無責任って怖い…

こんなに走ったの何年ぶりかと思うぐらいにダッシュでイミグレ通過し、ダッシュでKCRに飛び乗り、何とか最終バスの時間5分前に到着

が、しかし、meimeiの悲劇はこんなものでは終わらない、、、、、これは悲劇の幕開けに過ぎなかったのだ

予定時刻になっても来ないバス…同じバスを待ちながら並ぶ人は前が腋臭で後が生乾きの雑巾の様な匂い…蒸し暑いバス停…滴り落ちる汗…全身が疲労感に蝕まれる…

音楽でも聞いて気分転換って思ってたら、10分ほどで「ブチン!!」という音とともに突如MP3が故障。2万8千円したのに…

神様、、、、、meimeiはただ14日ぶりに貰えた休日を心穏やかに過ごしたかっただけなのです、、、、

待てども×10来ないバス。痺れを切らして列からいなくなる人もチラホラ。でも、meimeiはこれに乗らないと帰れない

最終的にmeimei含む5人がバスを待ってました。すると、小さなコロコロを引いたおっちゃんがmeimeiに喋りかけてきました

おっちゃん「このバス本当に来るんかいな」
m「さぁ、、、でも、いつもこの最終バスで帰ってるから大丈夫なはずなんですけど」

「ほんまかいな」と呟きながらおっちゃんはコロコロ引いて時刻表を確認しに行き、

「あっ、今日の最終バス22時半で終わっとるよ」とデッカイ声でmeimei達に教えてくれました。そして、そのおっちゃんはコロコロ引いて何処かへ消えた…

残された5人…しばらく呆然…あのおっちゃんが現れなかったらどれぐらい待ち続けていたのだろう…そして、なぜ誰も時刻表を確認しに行かなかったのか…そしてなぜ、今日に限って時刻表が変更されるのか

神様、、、、meimeiはこの14日間変則シフトで残業まみれで頑張ってきたのです、、、、何も折角の休日にこんな仕打ちは無いと思うんですけど、、、、、何か悪い事でもしたでしょうか?

いっそタクシーで帰ろうかと思ったけど、ココは香港の端っこ上水。meimeiのホテルもこれまた香港の端っこ…国境から国境…こんな所からタクシーに乗ったら本気で500HK$ぐらいしそう…

藁にもすがる思いで近くにいたお兄ちゃんにどうすれば帰れるか聞いてみたら、バスを乗り継ぐしかないとの事…

神よ…俺は早く帰りたい…トイレにも行きたい

キノコちゃんの無責任なアドバイスを聞き入れてしまったが為に大変な目に遭ってしまった…考えたら、キノコちゃんはシンセン在住なのにmeimeiの方がシンセンでブラブラしてるのだった…彼女がちゃんとした情報を持ってるはずが無いのだった…住んでるからって詳しい訳じゃ無いのだわ

ふと見ると呆然とするmeimeiの横にコロコロもった人民がこれまた途方に暮れている

そんな途方に暮れる異邦人二人を、さっきの香港人のお兄ちゃんがバスに乗せてくれて、乗り換えの時もちゃんと連れてってくれました。それもほぼ無言で

バスを乗り換えるときも10分ほど歩かないといけなかったのですが、道中はずっと無言…人民とmeimeiがチョコチョコ喋りかけたものの、ボソボソっと答えるだけでほぼ無言…乗り継ぎのバスを待つ30分間も無言…人民とmeimeiはチョットそわそわ

普段なら一時間半ほどで帰れる道のりに4時間ほどかけちゃいました。あの時キノコちゃんのアドバイスなんか聞かなければ…meimeiはとっくに部屋に戻ってスカイプでMちゃんとお喋りしていたはずだったのに…しかも、当の本人は全然悪気無しよ。超無責任。あんなにしつこく勧めたくせに。「やっぱり羅湖から帰る」と言って戻ろうとしたmeimeiを何故か執拗に止めたくせに

もう二度と…彼女のアドバイスなど聞くものか…

しかしながら、見ず知らずの人民と謎の外人meimeiを無言ながらも終始親切に助けてくれたお兄ちゃん…ありがとう。ちなみに、口数少ないから英語も普通話も苦手なのかと思いきや、喋ったら結構流暢でした。シャイガイなのだろうか

名前も知らない貴方ですが、meimeiが金持ちになったら「あの人は今!」的なノリで探し出し、金の延べ棒とシティスーパーの商品券500HK$とmeimeiの投げキッスを無理矢理贈呈したいと思います。このご恩は忘れるまで忘れません。

本当に、あのお兄ちゃんがいて良かった…いなかったらタクシー乗るしかなかったもの…

折角の休日に疲労どっぷり…新しいMP3も買わなくちゃ…

人気ブログらんきんぐへ
[PR]
by mei_mei_king | 2007-09-12 04:20 | 雑記
<< 小姑 お引越し >>