誕生日会

誕生日会から帰ってきました

今までの経験則から言って、絶対に散々な目に遭うだろうと予測してましたが(解散が6時頃で帰りたいと言っても帰らせてもらえないとかサイコロゲームに無理矢理参加させられて間誤付いてると舌打ちされた後にハミゴにされる等)、3時半にはすんなり解散し4時過ぎには帰宅出来ました

良かった。。。。。。

メンバーが今までのメンバーとかなり違うからかもしれない…場所もモンコクだけどいつもの掃き溜めKARAOKE・BOXではなく、ホテルの中にあるKARAOKE・BOXだったので綺麗でした(心底安堵した)

歩くたびに何か得たいの知れない物を踏む恐れも無く、ゲロリンコ中の人を見かける事も無く非常に爽やか…

あと、先輩の友達も行儀が良くてで安堵した

そう、、、、、何がいつもと違うかというと

うちのホテルのレセプションスタッフが一人もいなかった

のです

そのお陰でいつもよりかなりマシだったのかもしれない。うちのホテルから参加したのはセキュリティのアシマネとmeimeiとコンシェルジュ2人だけ。他は全部先輩のプライベートフレンド。どうやらうちのレセプションスタッフは下品なようです…

m「あれ、今日はレセプションスタッフ誰も来てませんね」
先輩「呼んでないの。呼びたくないから」
m「えっ?でも、ピヨ彦に先輩の誕生日会の事聞かれましたよ。参加したいとか言ってましたけど。ま、面倒臭いから無視しましたけど」
先輩「えっ!?呼んでないって!!呼んでないのに参加するとか言うなよ、、、うぜぇ。苦手なのよ…彼らが…」
m「皆まで言うな。言いたい事はわかったなり」
先輩「meimei…貴方ってなんて賢いのかしら」
m「ふっ、俺に惚れるなよ。退屈はさせないが後悔させる自信はあるぜ」
先輩「それ、なんとなくわかるわ」
m「。。。。。。」

そういえば、昔からこの先輩はレセプションスタッフと最低限しか喋らない挙句、彼らの催し物には一切参加しない

そういう事だったのね。もっと早く知りたかったわ

先輩の友達も異邦人のmeimeiに何かと優しくしてくれました。やっぱり大人はちゃんとしてるんだな

ただ、少し気になってるのがmeimeiがオーダーした海鮮ピザが最後の最後までmeimeiのところに来ませんでした。海鮮ピザが乗っていたであろう皿だけ発見しました

うん、、、、やっぱり此処は香港

とりあえず、適当に飲みながら彼らとテレサ・テン熱唱してきました。酔うと演歌的なものを歌いたがるのは万国共通の様です

あと、ビックリしたのがホスト役の先輩と先輩の彼氏が招待客を始終気にかけてた事。meimeiの事も「本当に来てくれてありがとう」って二人して何度も言いながら始終気にかけていた。逆にこっちが主役に気を使わせてる事に申し訳なくなるぐらい。香港人にもこういう人いるのだねって思いながら今日は終了

でもね、やっぱりKARAOKEは日本人と酔っ払いながらタンバリンでも振り乱して楽しむのが一番楽しいっす。

酔う潰れるぐらい遊びたいなぁ

人気ブログらんきんぐへ
[PR]
by mei_mei_king | 2007-10-19 06:24 | 香港
<< 香港男子ジェントルマン伝説 香港人価格 >>