そんなにいけませんか?

今日、女子スタッフ数人に「本当に彼氏いないのか?」と問い詰められました

はい、いません。悪かったですね

で、「本当は隠してるんでしょ?」とも言われました

隠すものもありませんが何か?

で、「とりあえず職場の中で探せばいいじゃない。アプローチしなよぉ~」って絡まれました

meimeiにも一応人権ってもんがあって、選ぶ権利ってのもあるんだよ。正直言って、今の職場にいる男子達の誰一人として付き合いたくないんだよ(向こうもそう思ってるだろうけど。ぷ)

後々の事が面倒くさいので「とりあえず付き合う」っていうのも嫌ですの…「とりあえず」な男と何やかんやするのも嫌ですの…「とりあえず」な男の為に一秒たりとも使いたくないの…

俺、こう見えて忙しいんだぜ。

だいたい、自分が「とりあえずの女」だったら凄いショックじゃないか?

meimeiは心の優しい大和撫子なので、自分がされて嫌な事はしませんの

っていうか、ツガイがいないと駄目だなんて法律でもあるんかい。

「どうして彼氏作らないの?」って疑惑のHITOMIで聞かないでくれ。

「それはね、私が人には言えない様な特別な性癖の持ち主だからだよ。君たちには…説明しても理解出来ない様な深くて怪しい世界さ。ふふふ」って答えたらいいんですかね。ま、若干変な性癖の持ち主ですけどね。ふ

meimeiと同じ様な世界観持ってる男性はかなり実際かなり変わってるとも言えるので、生息数が少ないのです(歴代彼氏全員変わり者だったな←遠い目)

昔の彼「目の前に空の湯飲みがあるけど、飲んだ後なんか飲む為に此処に置いたのかわからん時があるよな」
meimei「、、、それは、既に飲み干したとしか思われへんけど」
昔の彼「そうかな…そうとも言い切られへんと思うねんけど」
meimei「98%言い切れるで。飲み干した後やわ」
昔の彼「、、、、そんな風に言われると、、、何か嫌やわ」
meimei「。。。。。じゃあ、どうしろと?」

こんな人ばかりでした。ちなみに、この彼は美大出の無職アホボンだったのですが、突然理解不可能なタッチで描かれた似顔絵(力作)をくれたりしました…そんな彼はある日突然何を思ったのか、眉毛も髪も金髪にしてしまいましてね(ただでさえ日本人ばなれした濃い顔だったのに)…クラブで遊んでた時に警察が踏み込んで来ましてね(何かででランラン中の人や不法滞在外人を捕まえる為)…「ビザを見せろ」って言われて「ビザなんか無い」って言ったら連行されそうになってました。meimeiはその様子をワイン片手に優しく見守ってました。今となっては微笑ましい思い出ですね←その後、助けなかった事に関してねちっこく文句を言われた

彼、元気かしら?ちゃんと仕事してるのかしら?死んでないかしら?で、何で付き合ってたんだっけ?

ま、チョット懐かしい事を思い出しましたよ

明日からMちゃんが来ますので、一週間ほど更新はお休みです。

人気ブログらんきんぐへ
[PR]
by mei_mei_king | 2008-01-05 03:40 | ぼやき
<< 旅行記 ヒッキーです >>