チョイ悪親父の憂鬱

ウチのホテルのVIPにイタリアのチョイ悪親父がいます。以前何度か登場しましたが、meimeiの事を「山本」と呼びます(山本は日本の英雄だそうです)

「たとえ君の名前が山本じゃないとしても、僕にとって君は山本なんだ」

とわけのわからない理由でmeimeiの事を山本と呼び続けます。正確には「ヤ~マモォ~ト~」です

「僕は山本が好きだよ」と突然「えっ?それって…」って思う様な一言を投げかけてきた後に、「山本って響きが良いよね。ニッポンジ~ン!!って感じで」と罪なオチで締めます

流石はチョイ悪。今度、meimeiもその技を披露したいです

そんなチョイ悪が「山本…僕の為にサンシャインを探してくれないか」と、これまたなんだかわけのわからん依頼をしてきました

「私が貴方のサンシャインになるじゃない。っていうか、既に貴方は私のサンシャインボーイ」ってキメ台詞でも吐いた後、

♪アイム ユア サンシャイン ユア マイ サンシャイン♪

って歌ってやろうかと思いましたが、本気にされても困るのでグッとこらえました



どうやらチョイ悪親父は明日から5日間のホリデーだそうです。で、アジアのビーチで日光浴を楽しみたいそうです。

しかしながら、チョイ悪親父は何だか浮かない様子

チョイ「娘(4歳)に会いたいんだ…もう2週間も会ってない。昨日電話してきてパパに会いたいって言いながら泣いてたんだよ。家にも帰りたいけどビーチでリラックスもしたいし」
m「娘さんを連れて行けばいいんじゃないですか?」
チョイ「それは無理なんだ…色々難しい事があってね」
m「はぁ…じゃあビーチは諦めて家に帰ってご家族で小旅行にで行かれたらいいんじゃございませんか?」
チョイ「それは…僕は娘には会いたいけどワイフには会いたくないんだよね。それに、僕の彼女が娘と旅行に行くのを嫌がるんだ」


。。。。。。。。。。(=_=)。。。。。。。。。。。。。



コラ!!!!!



愛人と幼い娘どっちが大事やねん!!!子供に会うなっていう様な心の狭い愛人なんか捨てて、娘の一番大事な時期に一緒にいたらんかい!!!

って説教してやろうかと思いましたが、一応VIPなのでグッとこらえつつ会話は続きます

m「女の子って小さい時はお父さん大好きですが、大きくなると冷たいもんですよ。需要がある時に思い出作っておいた方が良いですよ」

って言ったら「ウチの娘に限ってそんな事は無い」と言っていた

チョイ「僕って内面が良い人だって思うかい?」
m「勿論」←勿論と言うしかない
チョイ「例えば?」
m「…とてもフレンドリーなとことか…」
チョイ「ふっ…でもね、心はとっても悲しいんだよ」
m「、、、、、、はぁ、、、、、、それは娘さんに会えないからですか?」
チョイ「それだけじゃないんだ」
m「お仕事とか?」
チョイ「仕事はバッチリさ!お金も沢山ある。僕には飛行機の免許もあるし、飛行機もあるし、そうそう僕飛行機の操縦好きなんだけど(しばらく飛行機の話)、仕事だってうまくいってる。でも、心は悲しいんだ…」

何気に自慢がいっぱい混ざっている事に心の中で突っ込みいれつつまだ会話は続きます

m「でも、不細工でお金も無くて家族もいなくて友達もいない人とか世の中には沢山いますから、仕事がうまくいってるだけで幸せですよ(可愛い娘に愛人までいて仕事も順風満帆なんて羨ましい以外に何も言えない)」
チョイ「山本…きっとそういう人たちは幸せなんだ。お金が無くても心は幸せなんだよ」
m「いや…そんな事ないと思いますけど。不細工で貧乏で友達も家族もいないって不幸過ぎますよ」
チョイ「お金が沢山あっても幸せじゃないんだ。悲しいんだよ」←どう見ても悲しそうに見えない

そんなに言うなら全財産meimeiにくれたらいいのに…ね…

チョイ「山本…一緒にワインを飲んでくれないか」
m「飲みたくて飲みたくて仕方無いんですが仕事中なんで涙を飲んでお断りします。」
チョイ「山本…僕を日本に連れて行ってくれないかい?」
m「機会があればご一緒したいですね」←心の中で会心のポーズを決めて「なんでやねん!!」と突っ込んだ事は内緒だ

結局チョイ悪はビーチに行くか家に帰るか決められないまま空港に行きました。
空港で決めるそうです

チョイ悪は最後にmeimeiの手の甲に接吻をかまして鮮やかに去って行きました…

チョイ悪は どこまでいっても チョイ悪だ


師匠…meimeiは彼を心の中で師匠と呼ぶ事にしました。meimeiもチョイ悪になりたい

ちなみに、meimeiはチョイ悪の「心は悲しいんだ」話に3時間ほど付き合わされてました。暇な日でよかったです

人気ブログらんきんぐへ
[PR]
by mei_mei_king | 2008-02-04 02:12 | 雑記
<< 欲望100連発 つまらない >>