<   2007年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

台湾旅行で思った事

「嵐を呼ぶ女」

友人達はmeimeiをこう呼ぶ。嵐を呼ぶのか…嵐に自ら飛び込んで行くのか…嵐がmeimeiを追いかけてくるのか…理由は不明ですが、meimeiが行く所では必ず嵐が起こるのです。刺激フェチだったりもするので、嵐が嫌いなのに嵐を起こしたりもしますが

前回、前々回の台湾旅行…思い返せば凄かった

しかしながら、meimeiも大人になった様で今回は何の嵐も起こらず危険な目にも遭わず無事に帰国

行きのエアポートバスで運ちゃんがmeimei達のホテルに行くのを忘れたせいで予定の倍ほど時間を無駄にしましたが、これぐらい可愛いものです

今回の旅行は、気づけば「しっぽり」が合言葉になってました。

「しっぽりと…」「しっぽりですね…」「しっぽりいきたいですね」

あと、何かにつけて香港と比較してしまい、比較すればするほど香港が嫌になり(←オイ)台湾が素敵に思えるという状態に陥り、広東語が聞こえると「イヤー!!!」と頭を抱えて叫ぶ勢い…

だって、、、台湾にいたら香港にいる時みたいに「いつ割り込まれるかわからないから必死で自分が並んでいる位置を確保」とか「道歩いてるだけで縁も所縁も無い奴に激突される。しかも相手は謝らない」とか「こっちが客なのに店員に怒鳴られる」とか「レストランで注文したら頼んでない物が出てくるのに頼んだ物が出てこない」とか「高い金払って変な物食わされる」なんて目に遭う心配しなくていいんだもの、、、、、

そんな訳で、今回の旅で改めて思った香港と台湾の違いを書いてみます

注意:香港は仕事で生活してますが台湾は旅行なのでその辺の意識の違いはあります。台北以外の地域に関してはわかりませんので悪しからず。あと、日本から旅行に行く場合と視点はかなり違うと思います

香港=道を歩けば誰かがぶつかってくる。そして奴らは謝らない…こちらが文句を言うと予想外にビクつかれる(根は小心者らしい)。決して道は譲らない。とにかくうるさい(香港人がうるさい)。何処でも携帯で大声で喋る。一日街を歩けば1000人ぐらい心の中で抹殺してしまう

台湾(台北)=電車内も予想外に静か。携帯で喋ってる率は明らかに低い。道を歩いていてぶつかられる事はあまりない。道を譲ってくれる。

夜景=これは香港の方が圧巻・圧勝

食事=香港に「食の都」という称号を与えた人は何を考えていたのかと思う(←こらこら)。中華は美味しいが、中国人に言わせると「香港風にアレンジされてて美味しくない」らしい。高い金を取るわりに変な物を出す。洋食に関しては「終わってる」の一言。お洒落なカフェは大抵不味ずくて全身をガッカリ感に苛む
意外な事に台湾の方がまとも。お洒落なカフェに入っても普通に美味しい物が出てくる。香港では皆無な「美味しいケーキ・美味しいコーヒー・まともな洋食・まともな和食」が普通の値段で手に入る。香港は全体的にボッタクリ感が否めないっていうか何もかもいい加減
食事に関しては日本人には台湾の方が馴染みやすいと思う
お洒落で静かでのんびり出来るカフェも沢山ある(香港にはほとんど無い)

交通=香港の方が狭いので整ってる。香港は右ハンドル・台湾は左ハンドル。交通ルールは日本に比べたらどちらも悪いが、香港にいる方が死ぬ確立は高いと思う。二階建てバスやミニバス等、観光客にとっては香港の方が楽しそう。タクシーはどちらも安価。台湾は原付が多い

買い物=流行によっても違うけど今年は台湾ボロ勝ち。香港は…酷すぎる…化粧品に関しては欧米メーカーは勿論香港がお得。どちらも日本の化粧品は手に入るけど台湾の方が種類が豊富で値段もマシ(どちらも日本よりは割高)。物価は全体的に台湾の方が安いと思う

ローカルっ子達の体系=台湾ボロ勝ち。詳しくは書きませんが、とにかく男女ともに台湾ボロ勝ち。香港人男子が台湾女子と付き合いたい気持ちが痛いほどわかる。台湾男子も背が高くてハンサム多し

コンビニ=香港のコンビにはほぼセブンイレブン…店内も暗くて狭くて店員は無愛想。台湾はコンビニ弁当やおにぎりもある(美味しい)。店内も綺麗で明るい。ファミマがある

ビール=香港の方が安いと思う。でも、台湾もそんなに高くはない

煙草=台湾の方が安い

マッサージ=香港の方が安くてレパートリーが多い。大陸から出稼ぎさん達が沢山来るからだろうか

音楽・芸能=個人的な好みでは台湾ボロ勝ち。映画に関しては香港の方が良いかもしれませんね。音楽に関しては間違いなく台湾でしょう。

ざっとこんな感じ。台湾の方が文化的な事が発達してる気がした。カフェにしても雰囲気・店員の態度・食器・内装の遊び方等がキッチリしていた。香港に多い「一見お洒落だけど良く見ると・・・」っていうガッカリ感は少ない

情緒があります…台湾には。香港では…あるだろうけど見つけるのは非常に難しいですね

日本人は季節を愛でたりのんびりする時間を愛でたりするのが好きな様な気がします。香港は忙しいし狭すぎる土地に大量の人が住んでて人の出入りも激しいせいでしょうけど、そういう事をするのが難しい。台湾は比較的容易にそういう事が出来ると思いました。花の匂いもするし、気持ちよく散策できる

香港に来る前、「若い時は香港に住んで、中年ぐらいから台湾に移住したい」って言ってたんですけど、もう結構疲れたんで台湾に移住したいと思い、早速人材派遣会社に登録したら「職歴が少し足りないのでもう少し頑張りましょう」と返事がきました

うん、、、頑張る。。。

香港は大好きで自ら選んで来た場所なのですが、何か大切な物をすり減らしながら過ごしてる様な気がしてね。ふっ。。。。

情緒とか…譲り合う心とか…日本なら当たり前だった店員が優しい・キチンと包装してくれるっていう事に大感激してキャーキャー騒いでいた自分に切なくなりましたよ…

ま、香港がこういう所だから日本人スタッフの需要が台湾に比べて思い切り高い訳ですが

キッチリした接客や対応してもらったら気持ちよく帰ってもらえるっていう基礎中の基礎を思い出しましたわ

日々感じてた疑問点が少し解決した気がします。香港に馴染むのが…イヤになってきた…←おいおい

あと、離れた目で見ると「香港人と人民」は同じカテゴリーだと思ってしまったよ

人気ブログらんきんぐへ
[PR]
by mei_mei_king | 2007-12-02 22:26 | 台湾